So-net無料ブログ作成

家を出ています。 [雑記]

夫は、わたしのウツの症状がヒドイ時に
とても良くしてくれました。
優しくほっといてくれたり、何処かに連れ出して
くれたりと。
しかし、病んでるわたしを見て、夫も病んでしまったようです。

息子への暴力・暴言が止まりません。
初めて、息子から「母さんが居ない時にもやられてた。」と
聞きました。

わたしが居ない時に暴力・暴言がある。
これはヒドイ恐怖です。
「父さんに八つ当たりされている。」と息子は言いました。
このままではマズイ。

夫は、発達障害児の息子の育て方について
自論を変えられませんでした。
普通の子のように育てたい。
怒れば息子に伝わる。

それは止めて欲しいと何度訴えても止めませんでした。
息子が「八つ当たり」としか感じないのであれば
何度怒ったとしても何の意味もありません。

変わってもらいたい。
そう願って、第三者を交えての話し合いを希望しました。

学校の先生に無理して頼み込みました。
学校の先生は時間を作ってくださると承諾してくださいましたが
夫は「何故、学校に行く必要があるのか。」と拒否しました。
仕方がないので、わたしの両親(実母と再婚相手の義父)と
4名で話し合いました。
「分かりました。」と言って実家を出たあと、車で帰宅しようとした時に
「ここからが本番だからな。」と夫は言いました。

この人とはやっていけない。
変わってくれない夫とはやっていけない。
このままでは、息子が暴力・暴言に晒されて
最悪、どちらかが怪我をする、もしくは死ぬと感じました。


そして、わたしと息子は自宅を出ました。
先週の火曜日のことです。

わたしの実家に身を寄せている今、安心して過ごしています。


自宅に居るにも関わらず、「おうちに帰りたい。」と
思っていた気持ちが無くなりました。
自宅は、わたしにとっても息子にとっても「安らぎの場」では
無かったのです。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。